日々の中に、涙なんて山ほど溢れているのに(決して悲しいのだけではなく)、わざわざ「泣ける映画」を探すなんてばかげてる。
 結果、泣けたというのならわかるけど、「泣ける」ていうのをキーワードで見る映画を探すのって、よくわからないなあ。